2007年06月23日

『DEATH NOTE』#35殺意

遂に遂にーーーっ!
ニアとライト、お互いが納得の上で対面する日程が決りますーーーっ!
…お互いが納得の上で…って、絶対に自分が相手の上をいく事を疑いもしてないんでしょーね〜。
この二人ならあり得るよなぁ(^o^;

ではではっ!感想イキま〜す!






魅上の尾行を続けていたジェンバニにニアはデスノートに仕掛けするように指示する。
ニアはこの仕掛けをした事で、あと残されたのはライトと直接対決のみだと思い、ライトに対面依頼をした。
ライトの方もこれで最後の戦いになるだろうと考え、ニアの誘いに応じる。
今回の対面における条件をニアは出していたが、ライトはそれらの条件を承諾した上で対面に応じることにした。
いくつかの条件…お互いの捜査陣メンバー全員を揃えての対面である事。

日本捜査本部にあるデスノートの安全面からその場に一緒に持ってくる事…など。
そして指定した対面の場所は横浜の倉庫に三日後…双方とも意義なく割とスンナリ決まっちゃったけど、二人とも何らかの思惑があるんでしょーね…。

着々と物事が終局へと進む中で突然、清美が何者かに誘拐されてしまう。
信者やSP達がいる中での事だった。
清美を安全な場所に避難させる為に現れた人物が実は誘拐犯であった。
直ちにニアやライト達にこの事は伝わり、誘拐手段などから考えてメロの仕業だとよむ。
そして…誘拐の手助けをしたメロの仲間マットは日本だったら捕まりはするが、容易に命までは奪われないだろうと考えていた。
しかし暴走していた信者たちはあっさりとマットを殺害してしまった。
…何だかこんな現状は…ナニが正義で悪なのかは多数決で決まってしまうんでは?なんて危機感を考えてしまう。
本来の正義って一言では難しい世の中ですけれどね…。

一方でメロに誘拐された清美は何も隠し持たせない為、下着以外の衣服類を全部外すようにいわれた。
言われたとおりにした清美だったが、もしもの時の為にライトに指示されていた事を実行した。
…指示どおりにメロを殺害すること…。
そして指示を達成した清美は、下着に隠していたライトに持たされていた携帯で連絡をとる。

その連絡でメロの死を確認できたライトは清美を救出する…と見せかけて相沢たちと清美の監禁場所へと向かった。
…そして救出に向かう途中でライトは時計に隠し持っていたデスノートで清美を殺害した。

はぁぁぁぁ…、次々とノートによる犠牲者が増えていく…ライトにとっては新世界創造、の為の些細なこととなっているけどさぁ、もはや最初の志しとは別モノになってるよ…(>_<)

次回、遂に対決!
絶対に見逃さないようにしますっ!!!

posted by Shino at 16:25| Comment(0) | TrackBack(2) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45699185

この記事へのトラックバック

レビュー・評価:DEATH NOTE(デスノート)/#35 殺意
Excerpt: 品質評価 16 / 萌え評価 8 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 6 / シリアス評価 48 / お色気評価 34 / 総合評価 23<br>レビュー数 49 件 <br> <br> ニアがジェバンニに指示して魅上の持つデ..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-07-02 18:42

DEATH NOTE 第35話
Excerpt: サブタイトル「殺意」   いよいよライトとニアの直接対決が決定。   しかしメロが予期せぬ行動を取り、ライトは非情な決断を下す。
Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ
Tracked: 2007-07-03 20:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。