2007年06月06日

『DEATH NOTE』#33嘲笑

今回は何といっても『オンナの戦い』が楽しかった(笑)です!!!

ではではっ!感想行きま〜す!






ニア達も本格的に日本での捜査をしていく中、ライト側、捜査本部と連絡を取りながらも疑いはもはやライトに固めてた。

…【Xキラ】の存在を確信していたニアはキラ関連のTV番組などをから【キラ】がキラの力を誰に託したか捜していた。
そして色々な番組をモニタリングしていく中で清美との関連性や言動から遂に魅上にたどり着いた〜!!!
まだ確定ではないものの、二アはすぐに魅上の尾行を仲間であるジェンバニに指示する。

一方でライトは表面上、清美を捜査する、という面目で裏では【キラ】として面会を続けていた。
盗聴はされていたが巧みに筆談を会しながら清美経由で魅上にも指示を出せるようになっていた。
そしてライトは清美に魅上からノートを数枚手に入れるように促し、【キラ】の裁きをするようにいう。

…なんだかなぁ…、清美も何だかんだいって承諾しちゃってるし。
ニアが言っていたけど、《愛情》っていう感情はやっかいなものですね…。
虜になってしまうということはホント、《言いなり》ですよね…。

…そして〜!遂に(笑)、オンナの戦いだーーーっ!!!
普段の清美とは違って恋愛ゴトが絡んだら理知的に表面上保ってはいたけど…ミサに対してのライバル心は物凄っ!!!
清美の方からライトの意志とは関係なくミサを呼び出しているし〜。

食事(…という名目)を一緒にとることで対面するミサと清美。
お互いが相手に嫉妬…でも絶対に譲らない!感がみえみえな言葉の駆け引きがスゴく楽しかったです。
特にミサが婚約発表をする、という時の視線が色っぽくてキレイ!!!

当のライトはこの対面を知って呆れてこのことに関して関心もなく放置してるし(笑)

そんな時に…魅上を尾行していたジェンバニは魅上がデスノートを使用した所を目撃したーーーーっ!
ニアは魅上が【Xキラ】と断定をし、更に捜査にチカラを入れはじめた〜!

次回の予告から、更に魅上に踏み込んだ捜査になりそうだし楽しみです〜!
posted by Shino at 07:47| Comment(0) | TrackBack(5) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

DEATH NOTE 第33話
Excerpt: 第33話「嘲笑」 ジェバンニ、キタワ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!! 待ってましたよ、ジェバンニ@高橋広樹さんの活躍! .....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪ さて・・・・..
Weblog: 孤狼Nachtwanderung
Tracked: 2007-06-07 21:48

(アニメ感想) DEATH NOTE -デスノート- 第33話 「嘲笑」
Excerpt: DEATH NOTE Vol.7 打倒キラを胸に、部下のレスターらと共に来日したニア。これを知った月は、初代エルの時から続くこの因縁に決着をつける時がきたと知り、いよいよ動き出す・・・。
Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
Tracked: 2007-06-19 05:24

DEATH NOTE 第33話
Excerpt: サブタイトル「嘲笑」   キラとの決着をつけるため、ついにニアたちが来日。   宣戦布告とも取れる言葉を受けたライトは、直ちに策を講じ始める。
Weblog: オヤジもハマる☆現代アニメ
Tracked: 2007-06-19 20:29

【DEATHNOTE】Written Page 33:嘲笑
Excerpt: 今週のアニメ版『DEATHNOTE』第33話。
Weblog: 彩賀の徒然なるままに…
Tracked: 2007-06-24 11:44

レビュー・評価:DEATH NOTE(デスノート)/#33 「嘲笑」
Excerpt: 品質評価 6 / 萌え評価 29 / 燃え評価 10 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 5 / お色気評価 0 / 総合評価 12<br>レビュー数 75 件 <br> <br> キラを倒すため部下のレスターらと共に来..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-07-13 15:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。