2009年03月06日

【銭ゲバ】第七話

もう早くも後半戦だぁぁーーーーっ!!!
【お金】がストーリー上のキーになるのは最初から分かってはいたケド…改めて考えさせられました…【お金だけ】【お金よりも大切な何か】。

…どれが正しい・正しくないとか、きっとこの先はっきりと言い切れる回答なんて誰にも決められないと思います。

ただ、このドラマでは普段自分では考えもつかなかった事を気付いたきっかけにもなりました。

ではではっ、感想イキまぁす\(^O^)/





精神を病んだフリをしていた緑の復活・風太郎の逮捕…ストーリーは破滅へと向かうのか、それとも救われる時がくるのか?

ニンゲン、一人じゃ結局は生きていけない。様々なヒトの思惑が絡んでくると、自分が思い描いていた状況にはならないと思います。
風太郎もまた、お金だけの生き方が正しいと信じてきたけど…彼の思うとおりの考えがズレてきてしまっています。
それを否定し軌道修正をするかの様に風太郎は次なる行動をおこしていく。

逮捕されるのは想定していた風太郎は、自分に類似している真一を使って犯罪をおこさせていた。
この真一もまた、お金で簡単に動くニンゲンだということを風太郎は見抜いて、真一にお金を渡していた。
いやいや、真一、必要以上にチャラい(笑)
今回のケンちゃんは役に撤するのに大変だったんだろうな…。
連ドラ中にお誕生日を迎えたケンちゃん!!!

HPに銭ゲバのキャストやスタッフに囲まれてのお祝い(^-^)
ケーキがカワイイというか…コインのチョコがデコされてましたね〜!!!
殺伐としたストーリーが展開される中での、穏やかで微笑ましい風景でした〜。

ドラマの中では…執拗に風太郎を逮捕しようとする荻野に風太郎は彼の弱みをついてきた…。
心臓移植の必要な妻に手術代を工面すると持ちかけてきた風太郎。
以前も同じ事を荻野に持ちかけたが断固として断ってきた。
しかし度重なる妻の発作にとうとう手術を余儀なくするまで追い詰められてしまう。
葛藤の末、荻野は警察を辞職し、風太郎からお金の援助をしてもらうことにした。
そんな彼に風太郎は
『このお金と引き替えに「お金が全てだ」と言って下さい』…と強要した。

…結局荻野はそういわざるをえなかったから言ったけど、その後の彼が外で泣き崩れてしまったシーンはマジで切なくて哀しかった…荻野も風太郎も哀しかったです…。


一方で三國家で風太郎は、緑たちと出会ってからこれまでの経緯を全て緑と茜に告白した。
何の罪悪感もなく、これまでの犯行全てを語る風太郎。
そこまで聞いても茜は風太郎を愛しいという気持ちは変わらなかった。
しかし風太郎はそんな茜に
『いようといなくてもお前には興味がない』
と言い捨てた。

…そして絶望してしまった茜は自殺してしまった。

今回はオンエア時に次回予告がアップされなくて余計に緊迫感を感じちゃいます。(後日公式サイトで予告はアップされましたが…)
次回も絶対に見逃せませんっ!!!
posted by Shino at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。